2017/08/10 (木)更新

リングピローをDIYで大満足の結婚式に!

せっかくの結婚式、こだわり抜いた自作のアイテムで大満足のできにしたいですよね。ウエディングに欠かせないアイテム、リングピローのDIYを紹介していきます。

リングピローとは?

ベルヴィギャザホールさん(@belleviegazahall)がシェアした投稿


リングピローとは、挙式の時に使用する結婚指輪を置いておくための物で、結婚指輪をより魅力的に見せる重要なアイテムです。そんなリングピローも、作り方さえわかってしまえば案外簡単にDIYすることができちゃいます。

ボックスタイプのリングピロー

natsuさん(@nacchan__farm)がシェアした投稿


簡単なのが、ボックスタイプのものです。プロポーズの時に差し出すような箱に、花などを敷きつめ指輪を置くだけで完成します。最近は透明な箱がオシャレに見えて流行しています。

 

クッションタイプのリングピロー

Shion Sugawaraさん(@sennokoto)がシェアした投稿


リングピローの王道は、やはりクッションタイプですね。クッションは糸差しのようなものを買ってきてもいいですが、四角く切った布に綿を入れて縫うだけなので、作ってしまっても大丈夫です。刺繍が得意な花嫁さんなら、このクッションに刺繍をしても可愛いですね。たとえば、ふたりの名前やハート、またふたりの手の刺繍をして、その薬指部分に指輪を置くと言うのも素敵です。指輪がずり落ちてしまわないためには、指輪を置きたい部分にパールや小さなリボンを縫いつけ、そこにひっかけるといいでしょう。

籠タイプのリングピロー

ssskkkyyyさん(@sky___wedding)がシェアした投稿


籠タイプのリングピローは、ナチュラルな感じがあって素敵ですね。籠は花屋さんや百均に売っていますし、花を置いたりリボンを巻きつけたりといった装飾も簡単なので、おすすめです。

 

いかがでしたでしょうか。もし興味を持っていただけたら、ぜひリングピローのDIYに挑戦してみてください。

TOP画像出典:photoAC
この記事を書いた人
編集部

お客様の心に残るウエディングのために。 分かりやすい内容で、ウエディングの魅力が十分に伝わる記事を目指します。

もっと見る

関連する記事

アクセスランキング

ピックアップ