2017/07/29 (土)更新

実は種類が豊富!ウエディングブーケについて解説

ウエディングブーケの種類は?

ウエディングブーケにも種類があり、形によって呼び方が違ってきます。

ラウンドブーケ

定番の丸い形をしたブーケをラウンドブーケと言い、どんなドレスにもあうベーシックなスタイルです。

画像出典:photo-ac

キャスケードブーケ

流れるような優雅なデザインのものをキャスケードブーケと言い、マーメードラインなどのすらりとしたドレスとの相性が特にいいです。

画像出典:photo-ac

アームブーケ

茎の根元から花の先端までの美しさを活かした長いブーケをアームブーケと言います。細長いので、可愛らしい印象よりはクールな印象になります。細身のドレスとの相性がいいです。

All day bloomさん(@all_day_bloom)がシェアした投稿


ボールブーケ

和装に適したボールブーケ。

画像出典:photo-ac

ティアドロップブーケ

涙のしずくを逆さまにした形のティアドロップブーケ。

画像出典:photo-ac

ブーケにはたくさんの種類があります。自分のイメージやドレスに合ったブーケをさがしてみてください。できれば、試しに合わせてみるといいですね。

ウエディングブーケは保存可能か?

aya____**さん(@ayaaaa52)がシェアした投稿


せっかくのウエディングブーケですから、大切に保管しておきたいですよね。といっても、ブーケは基本的に結婚式が終わったら廃棄されるか、貰えたとしてもすぐに枯れてしまいます。どうしても残しておきたいときは、ブーケを保存してくれる専門のお店があるので、そこを頼ってみてはいかがでしょうか。3D額に入れて保管してくれるところや、押し花にしてくれるところなど色々あるので、ぜひ探してみてください。値段は50000~100000円ほどです。

【ブーケの保存が出来るお店】

アフターブーケ(押し花・ドライフラワー)専門店【カナックス】

https://www.kannax.com/

沖縄の北谷町にあるプリザーブドフラワー専門店「アトリエ・スケアクロウ」

http://www.scarecrow-okinawa.com/

 

 

クラッチバッグブーケって知ってる?

Saya – The Sal Tree since2014さん(@thesaltree)がシェアした投稿


可愛いだけでなく実用性もあるのが、花びらをあしらったブーケのようなクラッチバッグブーケです。全体が花に覆われており、持ち手の部分だけ露出したリボンのような形がベーシックです。見た目重視のものが多いので、あまり物は入りませんが、それでも多少の小物は入れられるので、ぐっと便利になりますよね。薔薇や紫陽花など、色々な花でできたクラッチバッグブーケがあるので、ドレスにあった物を探してみてください。

この記事を書いた人
編集部

お客様の心に残るウエディングのために。 分かりやすい内容で、ウエディングの魅力が十分に伝わる記事を目指します。

もっと見る

関連する記事

アクセスランキング

ピックアップ