2017/06/11 (日)更新

いつまでも大切に。ブライダルリングのお手入れ方法

愛情のこもったブライダルリング。いつまでも綺麗なまま、大切にしたいですよね。でも、ブライダルリングっていったいどうやって手入れをしたらいいの?と悩んでいる方も多いはず。
そんな方に向けて、ブライダルリングのお手入れ方法を解説します!

Hellokitty×MAYFAIRさん(@hellokittyxmayfair)がシェアした投稿


そもそも、ブライダルリングが傷つく原因はなんなのでしょうか。
家事や仕事、趣味などで硬い物に触り、リングに傷が付くことが、劣化の原因となります。そこで、自分の生活習慣を把握し、リングが傷ついてしまう可能性のある時は、リングを外すのが大切です。
また、金属は水分や汗にも弱いので、運動をするときや寝るときは外しておいたほうがいいでしょう。

rinaluna🌙さん(@rina_luna0615)がシェアした投稿


やはり、ブライダルリングのお手入れで一番いいのは、クリーニングに出すことです。ブライダルリングを販売している会社では、だいたいリングのお手入れサービスも行っているので、定期的にクリーニングに出してはいかがでしょうか。細かな傷が付いてしまった場合は、磨き直しをしてもらうのもいいでしょう。

Adorn_osaka Yasue Hataさん(@adorn)がシェアした投稿


自分でお手入れをする場合は、こんな方法もあります。
金属の輝きが鈍ってきたときは、中性洗剤で洗うことで輝きを取り戻すことができます。輝きが鈍る原因は、金属に付着した油なので、それを取り除くことで、金属をもとの美しい姿に戻すことができます。
また、メガネふきなどの柔らかい布でふいてあげると、すこしの汚れなら取り除くことができます。宝石は繊細なので、基本的に、一度つけたらふくことを習慣にしたほうがいいです。

erk_o127さん(@erk__wedding)がシェアした投稿


また、保管の仕方も大切です。ジュエリーボックスなど、柔らかいものに入れておくことで、傷つくのを防ぐことができます。金属同士がぶつかることも傷の原因になるので、できれば、他のアクセサリーとはわけて個別に保管したほうがいいでしょう。

 

いかがでしたでしょうか?愛の結晶であるブライダルリング。正しく手入れをして、いつまでも大切にしてほしいです。

 

TOP画像出典:GAHAG

この記事を書いた人
編集部

お客様の心に残るウエディングのために。 分かりやすい内容で、ウエディングの魅力が十分に伝わる記事を目指します。

もっと見る

関連する記事

アクセスランキング

ピックアップ