2016/09/18 (日)更新

イマドキ男女の『出会いの場所』ランキング 結婚意識調査

既婚男女600名の調査で、「出会いの聖地」が判明!

006

 

【最も多くの出会いがある場所はどこ?調査でわかった「2大スポット」とは!?】

パートナーとの出会いは、後から思えば「運命の出会い」に思えるかもしれません。もし、あの学校に通わなかったら、あの時旅行に出かけなかったら…そう考えると誰もが運命論者になってしまいそうです。
結婚で大切なのは、やはり「出会い」。出会いがなければ始まりません。そこで、独身の皆さんが気になるのは「出会いの場所」ではないでしょうか。統計的にみれば、ゴールインまでたどり着く確率が高い「出会いの場所」はきっとあるはずです。
既婚者の皆さんは、いったいどこで生涯のパートナーと出会っているのでしょう。

 

【圧倒的に強い、「職場」と「友人の紹介」。生涯の伴侶は実はすぐそばにいる!?】

■あなたは、パートナーとどこで出会いましたか。あてはまるものをお答えください。
(20代~30代の 既婚 男女 600 名:2016年9月調査)
img_110907_2
1位:「職場」
27.7%と断トツの1位です。4人に一人以上の方が、職場で生涯のパートナーと出会っているのですね。「職場結婚」という言葉があるのも頷けます。

2位:「友人の紹介」(20.5%)
5人に一人の方が、お友達に紹介されたパートナーと結ばれているということを考えると、やはり持つべきものは友達、ということなのかもしれません。「職場」と「友人の紹介」を合計すると48.2%。約半数の方がこのいずれかで出会っているという結果になりました。

 

 

【20代のパートナー選びは、高校時代の出会いが決め手!?】

この全体の結果を「年代別(20代・30代)」、「男女別」で見ると、多少の変化が見られました。
まず、全体では3.3%だった7位の「高校」が、20代(男女)では10.3%。
また、20代男性では、「高校」(11.5%・全体3.3%)、「趣味」(11.5%・全体2.3%)、「SNS」(7.7%・全体2.0%)が、それぞれ全体の3倍以上の割合を示しています。

20代で結婚される方は、30代の方と比較して社会経験が浅いためか、やはり高校時代の「出会い」が結婚までつながることが相対的に多くなるのかもしれません。
【出会いにいちばん大切なのは、日々のコミュニケーション。】
アンケートからは「職場」と「友人の紹介」が高い数値を示した反面、かつて出会いの主流のひとつだった「両親・親戚の紹介(お見合い含む)」は1%にも満たない結果となりました。やはりパートナーとの出会いの方法も、時代と共に変化していくようです。
いずれにしても、職場でのコミュニケーションや友人とのお付き合いを大切にする人ほど、生涯のパートナーと出会う可能性が高まるということがいえそうです。

 

ゲストハウスウエディングを展開している、アニヴェルセル株式会社は、継続的に実態調査を行い、ホームページ上に設置したコンテンツ「アニヴェルセル総研」(http://www.anniversaire.co.jp/brand/pr/soken1/)に調査結果を公開しています。

この記事を書いた人
編集部

お客様の心に残るウエディングのために。 分かりやすい内容で、ウエディングの魅力が十分に伝わる記事を目指します。

もっと見る

関連する記事

アクセスランキング

ピックアップ