2016/10/05 (水)更新

独身男女の『結婚願望』実態調査発表

【男性と女性、結婚願望が高いのはどちら?調査結果から男女の差が明らかに!】

独身男女にとって、とかく気になるのが結婚。ご自身は独身であることを気にしていなくても、親族や友人など、周囲の方から結婚について問われることも少なくないのではないでしょうか。
結婚を意識するタイミングは人それぞれですが、いわゆる「適齢期」と呼ばれる歳を迎えれば、やはり考える機会は増えていくことでしょう。でも、こればかりは個人の問題。ご本人に結婚願望がなければ何も進みません。
ところで、いまどきの独身男女で結婚願望を抱いている人は、実際どれくらいの割合なのでしょうか。

007

 

【男女全体の調査結果からは、65%の方に結婚願望があることが判明!】

それでははじめに、回答者全体の割合からご紹介していきましょう。

 

■あなたは、「結婚願望」がありますか。あてはまるものをお答えください。(全体)

img_112556_2-1

「いずれ結婚したい」と「良い人がいれば結婚したい」、「すぐにでも結婚したい」と回答された方の合計は65.8%。独身男女の大半の方には、やはり少なからず結婚願望があることがわかる結果となりました。

 

 

■あなたは、「結婚願望」がありますか。あてはまるものをお答えください。(男性)

img_112556_3

全体と同様、1位から3位までは大きな差はありませんが、男性で1位になった「結婚は考えていない」(29.0%)が頭ひとつ出たかたちです。逆に、4位の「すぐにでも結婚したい」と回答された方は10.0%に留まる結果となりました。

 

■あなたは、「結婚願望」がありますか。あてはまるものをお答えください。(女性)

img_112556_4

一方、女性を見ると2位の「すぐにでも結婚したい」は23.0%と、男性の倍以上の回答率です。逆に「結婚は考えていない」(20.7%)は男性より10%近く低い数字となりました。

 

さらに、この男女ごとの結果を年代別に見てみると、興味深い数字が見えてきました。
結婚願望がある方(「すぐにでも結婚したい」、「いずれ結婚したい」、「良い人がいれば結婚したい」)の性別・年代別の比較をご覧ください。
img_112556_5
男性では「すぐにでも結婚したい」が30代の方にやや強い傾向がありますが、合計の違いはあまり見られませんでした。一方女性は、20代が30代の方より合計で10%近く高い数値を示しています。これは、昨今の「晩婚化」に対する反動が、若い世代ではじまっていることを物語っているのかもしれません。

 

【結婚について真剣に考えてみる。それは新しい人生がスタートする日。】

晩婚化・非婚化が進んでいるといわれる現代ですが、アンケート結果からは女性の約7割、男性でも約6割の方に結婚願望があることが明らかになりました。

結婚は人生の節目。一人ひとりの未来の礎となると同時に、社会全体の基盤となるものです。そう考えれば、結婚願望の有無は独身男女の方々だけの問題ではなくて、持続可能な未来へとつながるバロメーターといえるのかもしれません。

 

ゲストハウスウエディングを展開している、アニヴェルセル株式会社は、継続的に実態調査を行い、ホームページ上に設置したコンテンツ「アニヴェルセル総研」(http://www.anniversaire.co.jp/brand/pr/soken1/)に調査結果を公開しています。

 

 

この記事を書いた人
編集部

お客様の心に残るウエディングのために。 分かりやすい内容で、ウエディングの魅力が十分に伝わる記事を目指します。

もっと見る

関連する記事

アクセスランキング

ピックアップ