2017/04/13 (木)更新

沖縄の歴史を学べる、奥深いハネムーンスポット

沖縄には、琉球王国の時代から積み重なった長い歴史があります。沖縄の歴史に触れながら、教養を深められるようなスポットを紹介していきます!

 

首里城


沖縄に行くなら、絶対に見ておきたいのは「首里城」です。首里城は「すいぐすく」とも呼ばれ、首里城跡は世界遺産にも登録されています。首里城の魅力は、その色合いです。沖縄の澄んだ青い空と、真っ赤な屋根のコントラストがとても印象に残ります。日本の城とは異なり、隣国である中国の影響を強く受けた建物なので、城好きの方なら特に一見の価値ありです。

 

玉陵(たまうどぅん)


次にオススメしたいのは、「玉陵」です。玉陵は「たまうどぅん」と読み、第二尚氏王統の、琉球王国の歴代の国王が葬られている墓です。モノクロ写真の世界に迷い込んでしまったかのような、特徴的な雰囲気の石造りの灰色の建物です。那覇市金城にあり、首里城とも近い好スポットでもあります。観覧料も、大人一人300円と安価なので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

ひめゆりの塔


「ひめゆりの塔」という名前を聞いたことがあるでしょうか。ひめゆりとは、沖縄地上戦で犠牲になった136名の男女「ひめゆり学徒隊」のことをさします。戦争の被害を受け継いでいくための場所として、原爆ドームなどと並んで有名です。沖縄戦は、国内で唯一の地元住民を巻き込んだ戦闘なので、生まれてくる子供に平和について教えるためにも、一度はこのひめゆりの塔の資料館を見学してみてほしいです。場所は沖縄県糸満市字伊原671-1、入園料は大人310円です。

 

今帰仁城跡(なきじんぐすくあと)


「今帰仁城跡(なきじんぐすくあと)」とは、沖縄県国頭郡今帰仁村にある、世界遺産にも登録されているグスクです。長い歴史があるのはもちろん、春には桜が咲き、とても美しい景観を誇ります。

 

いかがでしたでしょうか?生まれてくる子供に、歴史について教えてあげられたら、とっても素敵ですよね。沖縄の歴史を学んで、教養のある夫婦になってください。

この記事を書いた人
編集部

お客様の心に残るウエディングのために。 分かりやすい内容で、ウエディングの魅力が十分に伝わる記事を目指します。

もっと見る

関連する記事

アクセスランキング

ピックアップ